2019年03月16日

英国の名庭Denmans Garden訪問記   - 故ジョン・ブルックス MBE氏自邸



世界的なトップガーデンデザイナーである、John Brookes MBE氏の自邸であり、
(MBEは大英勲章Member of the Order of the British Empireの略です。)

モダン・ナチュラル・ガーデンの名庭で知られる
デンマンズ・ガーデン(英国 West Sussex州)。


最愛なる恩師であるジョン・ブルックス氏は、
2018年3月に永眠してしまったのですが、


この庭は、今も後継者である仲間が引き継ぎ、

一般に公開されています。

jb02.jpg
庭園内は、通称John'sブルーと呼ばれる、青いベンチが点在。
のんびり座りながら楽しむのがお勧めです。



私も、ジョンへの心からの感謝の想いを込めて、
何年ぶりかに訪問してきました。



20年ほど前、初めて、デンマンズに到着した日の朝が思い出されます。




jb01.jpg


その頃、ガーデンデザインを学んで2年以上経ち、

著書を通して、崇拝していたジョン・ブルックス MBE氏による
集中コースの受講が、ようやく実現した初日の朝早く、


デンマンズを訪問し、

かなりどきどきしながら、自邸兼アトリエである、
このClock Houseのドアをノックしました。



その夏、この中にある、ジョンのアトリエで学んだ日々は、
今でも、私の宝物となっています。



ここは、20世紀初め、デンマンズ卿のお屋敷として、建てられました。

その後、2度の大戦を経て、


1946年にロビンソン夫妻が、大部分を購入し、

時代が落ち着いた頃から、
Joyce夫人が、新しいスタイルの庭を作りはじめました。


jb05.jpg
こちらは砂利の流れ。
エーゲ海のデロス島で、インスピレーションを受けたそうです。



ジョン・ブルックス氏が、ここを初めて訪問したのは1970年代。



その後、夫人の快諾を得て、

敷地内にある、馬小屋(現クロック・ハウス)を改装し、


自邸兼アトリエ・スクールとして、生涯を過ごしました。




熱心な植物専門家であるJoyce Robinson夫人と、


トップデザイナーであるJohn Brookes MBE氏が創り上げたこの庭は、



植物だけに頼らない、確固たる本物のデザインが根底にあり、

同時に、
一年を通して、多くの珍しい植物を楽しむことができます。

JB04.jpg
真冬でも、あちこちに美しい仕掛けが!



また、種類だけではなく、

色、質感、形のハーモニーやコントラストは、
何度訪問しても驚きの連続で、
自分でも驚くほど毎回、しかもあちこちで感動してしまいます。


jb06.jpg
ジョンが大切にしていた「力強さ」
アーキテクチュアル・プランツと呼ばれる植物の存在感と、
その先の視線を集めるFocul Point。



一方、園内にはゆったりと流れるような、美しい芝生のカーブが続き、

jbsummer03.JPG

(これらは、夏のデンマンズガーデンの写真です。)

安心感を与える、ほどよい”囲まれ感”に満たされ、
jbsummer02.JPG

jbsummer01.JPG


不思議なほどリラックスしながら、

何時間でもお散歩が楽しめる、、、



そんなお庭です(^^)



園内には、地元でも味に定評があるカフェがあり、


JB08.jpg
美味しいランチも楽しめます。

アフタヌーンティも可能です。(要予約)


jb10.jpg


ロンドンからは、最寄駅のBarnhamへは、
Victoria駅から1時間半から2時間。


barnham.jpg

こちらがBarnham駅
英国では珍しく、全て階段ではなくスロープなので、
スーツケースでも簡単に移動ができました。


BarnhamからDenmans Gardenにはタクシーで10分ほどです。


Denmans Garden 開園時間等について:

火曜日から日曜日 
毎日午前10時から午後4時
(月曜定休)

ウェブサイト(英語)
https://www.denmans.org/

カフェ等について
https://www.denmans.org/your-visit/


すぐ近くにはChichesterという、大聖堂が非常に美しい街もあります。


是非、足をお運びください(*^_^*)




お読みいただき、ありがとうございました。




はまもとのりこ












posted by nori hamamoto at 15:10| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする