2020年03月01日

建築、インテリア、そして庭園が融合した、美しい空間の大切さを学びました。 〜マギーズ・ロンドン Maggie's London 訪問〜



真冬の英国、ロンドン。

今回の渡英で、どうしても訪問したい場所がありました。
マギーズ・ウエスト・ロンドン(Maggie's West London)です。

mgs0220 (22).JPG


英国発祥のマギーズ・センターは、

がんになった方や、その家族、友人等、
誰でもが気軽に訪れることが出来る場所です。

その設立は、造園家であり造園史家であった、
英国のマギー・K・ジェンクス氏が、
自ら、がんに直面する中、
「自分を取り戻せるための空間やサポート」を造ろうと力を尽くし、
その遺志を受け継ぐ形で、1996年オープンしました。

一言では説明できないので、詳しくは是非こちらをご一読ください。
https://maggiestokyo.org/concept/


そして、長年、訪問看護師として貢献されてきた秋山正子氏が、
その存在を知り、深く感動されて、
日本にも実現させたいとの強い想いの元、

多くの方が賛同され、東京・豊洲に2016年の秋に実現しました。

マギーズ東京
https://maggiestokyo.org/


私がその存在を初めて知ったのは、まだ2年半ほど前のこと。

所属するJAG(ジャパンガーデンデザイナーズ協会)に、
『BISES』元編集長の八木波奈子氏からお声がけいただき、


周辺の花壇作りを、
地元住民の方や、他の団体の皆様、仲間とともに、
お手伝いする機会をいただくようになりました。
(私は遠方在住で、時々だけ参加しています。)


(そして、2020年3月23日(月)から5月28日(木)までを予定しておりましたが、)

※※※(3月31日時点:新型コロナウィルス感染拡大防止のため、開催期間が未定となりました。※※※


東京で
『マギーズセンターの建築と庭 
 − 本来の自分を取り戻す居場所 −』展が開催されることになり、



JAGが、展示の植栽を担当させていただくということで、

渡英する機会に現地を訪問し、
作庭にあたり、
意志やイメージを共有したいと思ったのです。


そこで、マギーズ東京のご了解を得て、
思い切ってロンドンにメールで連絡してアポイントを取り、

2月後半に訪れました。

mgs0220 (1).JPG

ロンドンの喧騒を忘れさせてくれる森の小径

mgs0220 (19).JPG

入り口には石に掘られたmaggie'sの文字。


マギーズには、訪れた患者さんの不安が軽減されるよう、
(大きな窓がある、安全な中庭がある等)様々な規定があります。

その根底には、建築とランドスケープ(庭)が
一体となっている、安心できる空間、という考えがあり、

現在、英国内外20か所以上(英国21か所・香港・東京・バルセロナ)となったセンターは、
いずれも、一流のプロによりデザインされており、

その美しさから、写真集として出版されているほどです。

maggies.jpg
(Amazonより写真をお借りしました。)


今回訪問した、
ロンドン南西部の、
巨大なCharing Cross病院の敷地内に建つマギーズ・ウエスト・ロンドン。

https://www.maggies.org/our-centres/maggies-west-london/


ウェブサイト等で拝見していましたが、
詳細は知らないまま、建築のオレンジ色に自然と導かれ、

入り口へと向かいました。

mgs0220 (4).JPG


右側のエントランスからのぞくと、
”Come in, come in,” と笑顔で手招きしていただき、中へ。

事情を説明すると、
しばらくして、施設長のSineadさんが、
素敵な笑顔で現れました。


改めて、訪問の目的をお話ししたところ、
大変共感してくださり、

じっくりとお庭をご案内いただきました。

(※写真はご了解のもと撮影、投稿しています。)


庭園のデザインには、マギー氏の夫や娘さんのほか、
Dan Pearson氏も関わっておられます。

チェルシーフラワーショウでも、
ゴールドメダルや、Best Show Garden(優勝)を受賞されている、
素晴らしい、ランドスケープデザイナーです。


先ほどの森の小径も、ピアソン氏のデザインによるもの。
Sineadさんも、毎朝の出勤の際にほっとするそう。

(現在も維持管理の方向性など
直接ピアソンさんに相談しているそうです。)


花の香りを楽しめる季節には、
「ロンドンの真ん中で花の香りに気が付くなんて、滅多にないこと。
その話題で持ちきりになるのよ。」と(^^)


そして、メインダイニングに面した中庭。

mgs0220 (5).JPG

mgs0220 (7).JPG

大きなテーブルが印象的な中庭は、
良い季節の時は、ガラスのドアを開け放ち、

屋外と屋内の区別なく、
ダイニングルームとして活躍するそうです。


大人気のメインツリーは「Silk Tree」。
「このピンクの花の美しさは、誰もが虜になるの」と、Sineadさん。

来訪者が作られたポストカードを見せていただくと、
「ネムノキ」でした。


寒い北国の英国。

少し、南国のイメージがあるネムノキが愛されるのも、分かります。(^^)


奥のコーナーには、

緑に囲まれた、一人になれる空間が。

mgs0220 (8).JPG

天井もガラスになっていました。


mgs0220 (20).JPG

反対側の中庭。

いずれもが、
一人になったり、静かに語り合うこともできる場所。

でも、窓の向こうには人の存在があり、
どこからも、緑が見えるよう、
丁寧にデザインされています。


二階には、様々な広さのバルコニーがあり、
良い距離感を保ちつつ、

少し街中を眺めたり、空を見たりしながら、
こちらも、ほっと出来る空間。

mgs2020(24).JPG

時々、イチジクやブドウを収穫して楽しんでいるそう。

病院の高層階からも、見られにくくなっています。



mgs0220 (14).JPG

こちらは、春から夏には、
木々の葉っぱに完全に覆われる、広いバルコニー。

イベントの際は、キャンドルを灯すそうです。

mgs0220 (13).JPG

ガーデン・ファニチャーも、
インテリアと同様、デザインコンセプトに基づいて、
全て、慎重に選ばれているそう。


「皆、意識的、無意識的に関わらず、この庭に助けられているの。
一日100名を超える来訪者がいるけれど、
人の声がしても、一人になれたり、静かな時間が過ごせたり、、、。」

と、説明してくださいます。


屋内と屋外が一体となり、

美しく心地良い空間と、植物の存在が、

どれほど実は深く、ひとの心に、
寄り添うことができるのか。


自らを省みながら、
言葉では表現できないような感情が押し寄せ、


「本物のデザインのちから」
そして、

「ガーデンデザイナーとして、
(それが、ほんの小さいことではあっても)
やるべきこと、やれること」を教えてくれた、


決して忘れることのできない訪問となりました。



お礼を述べていると、、、

「あなたの写真も撮りましょうよ。
せっかく来てくれたんですから(^^)」と、Sineadさん。

mgs0220 (16).JPG



「今回の訪問で学んだことは、
必ず仲間と共有して、展示に生かします」と、約束し、

感謝の気持ちを改めて伝え、ハグをして、
帰路につきました。


皆様、展覧会に、ぜひ足をお運びください。


『マギーズセンターの建築と庭 
 − 本来の自分を取り戻す居場所 −』展

ギャラリー エー クワッドにて(東京都江東区)

※※※3月31日時点:新型コロナウィルス感染拡大防止のため、開催期間が未定となりました。※※※
公式ページで日時を必ずご確認ください。

http://www.a-quad.jp/exhibition/exhibition.html
(公式ページ)

https://maggiestokyo.org/2020/02/16/3%e6%9c%8810%e6%97%a5%e3%81%8b%e3%82%89%e3%80%8c%e3%83%9e%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ae%e5%bb%ba%e7%af%89%e3%81%a8%e5%ba%ad%e3%80%8d%e9%96%8b%e5%82%ac/
(マギーズ東京)



お読みいただき、ありがとうございました。



はまもとのりこ

posted by nori hamamoto at 16:17| 海外・文化・紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする