2017年11月21日

秋の京都 日本庭園を通した国際交流


北欧でデザインを巡る旅から、数ヶ月が経ちました。

西ヨーロッパとはまた異なる美しさ、豊かさに、
久しぶりのカルチャーショックを受け、

強くインスパイアーされた旅となりました。

報告できればと思いつつ、、、日々はあっという間に過ぎ去っていきます。


ここ数年、京都の庭園見学講師を、海外の方からご依頼いただくことが増え、
国際文化交流を、ライフテーマの一つとしているので、

時々、させていただいております。


先日も、英国のJapanese Garden Society(JGS 英国日本庭園協会)のメンバーの皆様が来日され、
京都のお庭を巡りました。

JGSのwebsite 
http://www.jgs.org.uk/ 


kyoto2017_01.jpg
(竜安寺の鏡容池にて)

JGSには、なんと、700名の会員がおられるそうで、
自宅に日本庭園を作っておられる方も多数。


そう、日本庭園は、我々が考えている以上に、世界で評価が非常に高く、
それを、より多くの日本の方に知っていただきたいと、感じます。

実は、私は、日本を特別扱いすることは、苦手なのですが、

それでも、日本庭園の独自性や美しさには、ただただ平伏すのみで、
様々な国の方と庭を巡ると、その思いはどんどん強くなっていきます。


kyoto2017_02.jpg
(嵐山・大河内山荘にて)


また、10月には、母校の京都造形芸術大学で、20年前から開催されている、
The Japanese Garden, Intensive Seminar Plus を少しだけですがお手伝いする機会があり、

全世界から30名を超える方が、2週間の集中講座を受けられました。



kyoto2017_03.jpg
自然の魔法


今回も、とにかく皆様熱心で、
お昼ご飯もそこそこに、ひたすらお庭を巡りながら交わされる、思いがけない質問や感想に、
私自身も多くを学ぶこともできました。



新しい出会いと、多くの方のご協力に感謝です。


そして、
庭、という深くそして広い宇宙に、また魅了された時間となりました。



お読みいただき、有難うございました。



はまもとのりこ


posted by nori hamamoto at 17:24| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする