2018年04月03日

英国テレビ局の取材を受けました。


先日、とても光栄なことなのですが、
英国の某大手テレビ局から、取材をお受けしました。

日英双方で学んだガーデンデザイナーとして、
様々な質問を、インタビュー形式で受ける、というものでした。


それは、
つい先日亡くなった、恩師ジョン・ブルックス氏に背中を押されたかのような、

とても不思議なタイミングでした。


もちろん、全く異なるルートからのご依頼です。

interview2018s02.jpg
(放送は随分先とのことで、それまで詳細のアップを控えさせていただきます。)


準備期間はとても短く、
台本も無しの、ぶっつけ本番!


当日まで、幸い少し時間がとれたので、

これまで学んできたことを見直したり、
頭の整理をしたりすることが出来ました。

cherry03s.jpg

撮影があったのは京都。
少し高台寺に立ち寄り、満開の枝垂れ桜を愛でることが出来ました。(*^_^*)


インタビューでは、少し緊張してしまいましたが、

改めて、日本庭園という壮大な世界に、
脈々と受け継がれてきた、自然への畏敬の念を、
再認識することが出来ました。


日本と英国、
実は共通点が多い国同士です。


島国であったり、礼儀を重んじたり、

そして、庭をとても愛する、という点。


cherry01s02.jpg
こちらは大津市の三井寺。毎年、山一面がピンク色に染まります。


ガーデンデザイナーという職業に巡り合えたこと、
そしてこのような機会に恵まれたことに感謝し、


庭園という芸術のなかで
東西の懸け橋となれるよう、
学び続けてゆきたいと、改めて感じました。



お読みいただき、有難うございました。



はまもとのりこ




posted by nori hamamoto at 13:37| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。