2019年04月30日

久しぶりの桂離宮参観で感じたこと


まもなく御代替りを迎え、令和という新しい時代を迎えます。


どうしても、
平成のうちに行っておきたい場所等が気になり、

その想いは大切にしようと、


なるべく、実現するように動いております。




そして、大切な場所のうちの一つ、

桂離宮参観の予約が、幸いにもできたので、


ガーデンデザイナー仲間の友人と、行ってきました。



katsura01.jpg

外腰掛の前の延段。

あまりのダイナミックさ、カッコ良さに、
二人とも、瞬間的に心を奪われました。


桂離宮や、修学院離宮等では、
一列になって参観をしながら、宮内庁の方の御説明をお聞きします。

つまり、、、

他の皆様と同じペースで
進んでいかなければならないのです。

強く急かされるわけではないですが、
ご迷惑にならない範囲で、、、と、思いつつ、
なかなか進めない私達でした。


katsura02.jpg

州浜の辺りからの眺め。
その美しさは、この写真では、表現しきれないです。


katsura03.jpg

こちらは、重森三玲も愛し、自邸にもとりいれた
松琴亭の市松模様。

時代を超えた圧倒的な迫力に、
「デザイン」というものが持つ力を感じます。


katsura04.jpg

炉と竈があるお茶室。
寒い時期も、ここでお点前やお食事を楽しまれていたそうです。


katsura05.jpg

池には鴨のカップルが。
撮影できませんでしたが、シラサギも舞ってきていて、
風情を加えてくれています。


katsura06.jpg

なんというリズム、バランス、、、!
石が大好きな私達、あまりの美しさに、もう目がハートでした。

そういえば、石を見て「かっこいいー!!」と
(まるでアイドルに出会ったかのように)感動する私を見ると、
一般の友人は、「ごめん、分からない。」となるのですが、(^_^;)

今回は、同じ「石好き女子」と行ったので、
二人でときめくことが出来て、ますます盛り上がりました。



桂離宮は、これまでも数回行ったことがありますが、

以前は「何か学ばなければ。」という、固い気持ちだった気がします。


京都造形芸術大学の恩師が、
「庭はガツガツ見たらあかんよ。」と、教えてくださいましたが、

本当にその言葉を実感しました。


というのも、今回は、リラックスして、素直にたのしんだので、


桂離宮の美しさに感動しただけでなく、

自由さ、懐の深さ、雄大さに、
包み込まれたような感覚になったのです。

katsura07.jpg

こちらは月波楼からの眺め。



庭って、やっぱり、素晴らしいね、、、。


そんな気持ちを共有し、とても豊かな時を過ごすことができました。


そして、世界に誇る芸術である日本庭園の美しさを
改めて、強く、実感しました。


また近いうちに、訪問できますように。



お読みいただき、有難うございました。



令和も、

皆様にとって、素晴らしい時代となりますように。



はまもとのりこ








posted by nori hamamoto at 10:07| 紀行、イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする