2019年04月30日

久しぶりの桂離宮参観で感じたこと


まもなく御代替りを迎え、令和という新しい時代を迎えます。


どうしても、
平成のうちに行っておきたい場所等が気になり、

その想いは大切にしようと、


なるべく、実現するように動いております。




そして、大切な場所のうちの一つ、

桂離宮参観の予約が、幸いにもできたので、


ガーデンデザイナー仲間の友人と、行ってきました。



katsura01.jpg

外腰掛の前の延段。

あまりのダイナミックさ、カッコ良さに、
二人とも、瞬間的に心を奪われました。


桂離宮や、修学院離宮等では、
一列になって参観をしながら、宮内庁の方の御説明をお聞きします。

つまり、、、

他の皆様と同じペースで
進んでいかなければならないのです。

強く急かされるわけではないですが、
ご迷惑にならない範囲で、、、と、思いつつ、
なかなか進めない私達でした。


katsura02.jpg

州浜の辺りからの眺め。
その美しさは、この写真では、表現しきれないです。


katsura03.jpg

こちらは、重森三玲も愛し、自邸にもとりいれた
松琴亭の市松模様。

時代を超えた圧倒的な迫力に、
「デザイン」というものが持つ力を感じます。


katsura04.jpg

炉と竈があるお茶室。
寒い時期も、ここでお点前やお食事を楽しまれていたそうです。


katsura05.jpg

池には鴨のカップルが。
撮影できませんでしたが、シラサギも舞ってきていて、
風情を加えてくれています。


katsura06.jpg

なんというリズム、バランス、、、!
石が大好きな私達、あまりの美しさに、もう目がハートでした。

そういえば、石を見て「かっこいいー!!」と
(まるでアイドルに出会ったかのように)感動する私を見ると、
一般の友人は、「ごめん、分からない。」となるのですが、(^_^;)

今回は、同じ「石好き女子」と行ったので、
二人でときめくことが出来て、ますます盛り上がりました。



桂離宮は、これまでも数回行ったことがありますが、

以前は「何か学ばなければ。」という、固い気持ちだった気がします。


京都造形芸術大学の恩師が、
「庭はガツガツ見たらあかんよ。」と、教えてくださいましたが、

本当にその言葉を実感しました。


というのも、今回は、リラックスして、素直にたのしんだので、


桂離宮の美しさに感動しただけでなく、

自由さ、懐の深さ、雄大さに、
包み込まれたような感覚になったのです。

katsura07.jpg

こちらは月波楼からの眺め。



庭って、やっぱり、素晴らしいね、、、。


そんな気持ちを共有し、とても豊かな時を過ごすことができました。


そして、世界に誇る芸術である日本庭園の美しさを
改めて、強く、実感しました。


また近いうちに、訪問できますように。



お読みいただき、有難うございました。



令和も、

皆様にとって、素晴らしい時代となりますように。



はまもとのりこ








posted by nori hamamoto at 10:07| 紀行、イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

北欧の旅で見つけたもの


先日、初秋を迎えるころ、

初めて北欧を訪問することができました。


北欧01.JPG

到着したのはコペンハーゲン。
学生の頃から、「Copenhagen」の音のロマンティックな響きが、不思議なほど好きで、
ずっと、憧れていた街です。


デザイナーとして、お客様宅やショップ等で、
北欧のインテリアや食器に触れる機会は当然多く、
それは年々増えており、

以前から訪問したい場所の一つでした。



そこで、、、デザインに触れ、
自分の中でしっかり感じるために、と、
現状では最大限長く、10日間の日程で、チケットを取りました。

北欧03.JPG

「人魚姫」の像の近くの散歩道。家族連れがのんびりと散策しています。

北欧02.JPG

初めて見た、ホンモノの「みにくいアヒルの子」に感動!
それはそれは美しく、繊細な色でした。


コペンハーゲンの駅前のホテルで一泊し、二日目は早朝から夕方まで、徒歩で街中を散策。


デザインミュージアムや、アーティストのショップ、建築、インテリア等、
早速、たくさんの美しいものに出会い、
余韻を感じつつ、

スゥエーデンの南端の街、Lundに向かいました。

北欧10.JPG

ここはとても美しい大学都市で、
友人夫妻が住んでおり、
コペンハーゲンにも、電車ですぐ行けることもあり、
メインの滞在先にしました。


友人は、街路計画の専門家で、
じっくりと案内をしてもらうことができたのは、
本当にラッキーです。



今回の北欧の旅、

10日間で、たくさんインスパイアされましたが、
ここでの体験が、何よりの宝物となりました。


それは、、、

北欧05.JPG

ハンモック。

そして、

北欧06.JPG

ハンモックから見上げた空。



このままここで、何時間も過ごしたい、
とても強く、そう感じました。

そして、こころがふわっと、広がって行ったのです。


「高級リゾートに行かなくても、
森の中のハンモック、そして本が一冊あれば、
それで充分だろ?」と、友人。


本当にそう、
その通りでした。


それは、いつのまにか忘れてしまっていた「スペース」でした。
「間」「余裕」と、表現できるかもしれません。

時間のスペース、
空間のスペース、

そして

心のスペース。


これまで、英国をはじめ多くの豊かなライフスタイルにふれ
ガーデンデザインを通し、ご提案してきたのですが、

久しぶりに触れた、新しい感覚だったのかもしれません。



北欧07.JPG

その後、公園のカフェでランチ。
(飲み物は残念ながらワインではなく、ベリージュースです。)

北欧08.JPG

たくさんの人々が
思い思いに、公園で過ごしています。



北欧で出会った方々のほとんどが、
残業はせず、定時に帰宅するそうです。

その代り、仕事中は徹底的に集中し、
無駄をはぶいて、働くとのことでした。


メリハリ
オンとオフ。


いつも忙しいことに慣れてしまい、
ついつい、忘れていた、とても大切なこと。


帰国したら、自身のライフスタイルも見直すべきところは見直し、
スペースのある暮らしを味わおう!


北欧04.JPG

ホテルの部屋から、夕焼けを見ながら
そう決心すると、

とてもわくわくしました。


何もかも、すぐに実現できなくとも、
目指したいスタイルと出会えたことは、
とても、幸せなこと。

そう感じています。



お読みいただき、有難うございました。



はまもとのりこ

posted by nori hamamoto at 17:37| 紀行、イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

スウェーデンからの視察団のお庭見学をお手伝いしました。


立春を過ぎ、寒さの中にも、春の日差しを感じます。


昨秋11月の事になりますが、
スウェーデンからの庭園・公園等、緑化関係の視察団が来日され、
京都で、お庭の解説や案内を、お手伝いさせていただきました。

東京から新幹線で京都に到着されて、
30名の背が高〜い方々が降りてこられたのは、圧巻でした。

「Welcome to Kyoto!!!」


まず駅ビルの屋上へ。
11月にしては、比較的暖かかったこの日、

第一声が、「ちょうどスウェーデンの夏ぐらいだね。」


!? 
夏行く時も、ダウンコートが要りそう!


sweden2016_01.JPG

平安神宮では、まず手水舎でのお浄めを説明。


社寺を案内する際、国籍を問わず、必ずお願いすることがあります。

これは、恩師から教わったことですが、

「ここは観光施設ではない。神様や仏様が祭られている神聖な場であり、修行の場でもある。
まずはお参りし、お礼を伝えてから見学してほしい」、という事です。


ご案内した一日半の間、様々なお庭を訪れましたが、
皆様が、この言葉にすぐに共感してくださり、お参りもしっかりしてくださいました。


初来日の方も多く、

「北欧と日本のインテリアのデザインが似ている」と、いう声や、
「いつも日本人はにこにこしているけれど、どうやってストレス解消しているの?」と、いう質問等
新鮮な感想に、ナルホド、と私も納得したり、驚いたり、

デザイナー同士では、お庭の施工の話しで盛り上がったり、、、


とても充実した時間でした。



sweden2016_02.JPG

(神苑では、臥龍橋にチャレンジ。)


また、今回は、私の仕事に関し、話しをしてほしいとリクエストいただき、

無鄰菴で母屋の2階をお借りして、プレゼンテーション。


sweden2016_03.jpeg

sweden2016_04.jpeg


「君の、日英双方の影響が見て取れるね!」、とコメントをいただき、

改めて、自分自身のデザインの特徴を、知ることができました。(*^_^*)



「国際文化交流」は、
私にとって、とても大切なライフワークの一つです。


特に、庭を通したこういう機会は得難く、
今回も、何年も前の、偶然の出会いをきっかけとしてお話しをいただき、
巡り巡ってきた御縁に、感謝しています。


毎回思うのですが、、、

実は、お庭の仕事をしているヒトは、万国共通の「かおり」のようなものがあり、
時には、言葉が不要で、瞬間的に分かり合えたりもします。

そんなところも、また素敵だなと思っています。(*^_^*)


sweden2016_05.JPG

(青蓮院のクスノキに大興奮の皆さん)



お読みいただき、有難うございました。


はまもとのりこ


posted by nori hamamoto at 10:37| 紀行、イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする