2019年03月16日

英国の名庭Denmans Garden訪問記   - 故ジョン・ブルックス MBE氏自邸



世界的なトップガーデンデザイナーである、John Brookes MBE氏の自邸であり、
(MBEは大英勲章Member of the Order of the British Empireの略です。)

モダン・ナチュラル・ガーデンの名庭で知られる
デンマンズ・ガーデン(英国 West Sussex州)。


最愛なる恩師であるジョン・ブルックス氏は、
2018年3月に永眠してしまったのですが、


この庭は、今も後継者である仲間が引き継ぎ、

一般に公開されています。

jb02.jpg
庭園内は、通称John'sブルーと呼ばれる、青いベンチが点在。
のんびり座りながら楽しむのがお勧めです。



私も、ジョンへの心からの感謝の想いを込めて、
何年ぶりかに訪問してきました。



20年ほど前、初めて、デンマンズに到着した日の朝が思い出されます。




jb01.jpg


その頃、ガーデンデザインを学んで2年以上経ち、

著書を通して、崇拝していたジョン・ブルックス MBE氏による
集中コースの受講が、ようやく実現した初日の朝早く、


デンマンズを訪問し、

かなりどきどきしながら、自邸兼アトリエである、
このClock Houseのドアをノックしました。



その夏、この中にある、ジョンのアトリエで学んだ日々は、
今でも、私の宝物となっています。



ここは、20世紀初め、デンマンズ卿のお屋敷として、建てられました。

その後、2度の大戦を経て、


1946年にロビンソン夫妻が、大部分を購入し、

時代が落ち着いた頃から、
Joyce夫人が、新しいスタイルの庭を作りはじめました。


jb05.jpg
こちらは砂利の流れ。
エーゲ海のデロス島で、インスピレーションを受けたそうです。



ジョン・ブルックス氏が、ここを初めて訪問したのは1970年代。



その後、夫人の快諾を得て、

敷地内にある、馬小屋(現クロック・ハウス)を改装し、


自邸兼アトリエ・スクールとして、生涯を過ごしました。




熱心な植物専門家であるJoyce Robinson夫人と、


トップデザイナーであるJohn Brookes MBE氏が創り上げたこの庭は、



植物だけに頼らない、確固たる本物のデザインが根底にあり、

同時に、
一年を通して、多くの珍しい植物を楽しむことができます。

JB04.jpg
真冬でも、あちこちに美しい仕掛けが!



また、種類だけではなく、

色、質感、形のハーモニーやコントラストは、
何度訪問しても驚きの連続で、
自分でも驚くほど毎回、しかもあちこちで感動してしまいます。


jb06.jpg
ジョンが大切にしていた「力強さ」
アーキテクチュアル・プランツと呼ばれる植物の存在感と、
その先の視線を集めるFocul Point。



一方、園内にはゆったりと流れるような、美しい芝生のカーブが続き、

jbsummer03.JPG

(これらは、夏のデンマンズガーデンの写真です。)

安心感を与える、ほどよい”囲まれ感”に満たされ、
jbsummer02.JPG

jbsummer01.JPG


不思議なほどリラックスしながら、

何時間でもお散歩が楽しめる、、、



そんなお庭です(^^)



園内には、地元でも味に定評があるカフェがあり、


JB08.jpg
美味しいランチも楽しめます。

アフタヌーンティも可能です。(要予約)


jb10.jpg


ロンドンからは、最寄駅のBarnhamへは、
Victoria駅から1時間半から2時間。


barnham.jpg

こちらがBarnham駅
英国では珍しく、全て階段ではなくスロープなので、
スーツケースでも簡単に移動ができました。


BarnhamからDenmans Gardenにはタクシーで10分ほどです。


Denmans Garden 開園時間等について:

火曜日から日曜日 
毎日午前10時から午後4時
(月曜定休)

ウェブサイト(英語)
https://www.denmans.org/

カフェ等について
https://www.denmans.org/your-visit/


すぐ近くにはChichesterという、大聖堂が非常に美しい街もあります。


是非、足をお運びください(*^_^*)




お読みいただき、ありがとうございました。




はまもとのりこ












posted by nori hamamoto at 15:10| 紀行、イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

北欧の旅で見つけたもの


先日、初秋を迎えるころ、

初めて北欧を訪問することができました。


北欧01.JPG

到着したのはコペンハーゲン。
学生の頃から、「Copenhagen」の音のロマンティックな響きが、不思議なほど好きで、
ずっと、憧れていた街です。


デザイナーとして、お客様宅やショップ等で、
北欧のインテリアや食器に触れる機会は当然多く、
それは年々増えており、

以前から訪問したい場所の一つでした。



そこで、、、デザインに触れ、
自分の中でしっかり感じるために、と、
現状では最大限長く、10日間の日程で、チケットを取りました。

北欧03.JPG

「人魚姫」の像の近くの散歩道。家族連れがのんびりと散策しています。

北欧02.JPG

初めて見た、ホンモノの「みにくいアヒルの子」に感動!
それはそれは美しく、繊細な色でした。


コペンハーゲンの駅前のホテルで一泊し、二日目は早朝から夕方まで、徒歩で街中を散策。


デザインミュージアムや、アーティストのショップ、建築、インテリア等、
早速、たくさんの美しいものに出会い、
余韻を感じつつ、

スゥエーデンの南端の街、Lundに向かいました。

北欧10.JPG

ここはとても美しい大学都市で、
友人夫妻が住んでおり、
コペンハーゲンにも、電車ですぐ行けることもあり、
メインの滞在先にしました。


友人は、街路計画の専門家で、
じっくりと案内をしてもらうことができたのは、
本当にラッキーです。



今回の北欧の旅、

10日間で、たくさんインスパイアされましたが、
ここでの体験が、何よりの宝物となりました。


それは、、、

北欧05.JPG

ハンモック。

そして、

北欧06.JPG

ハンモックから見上げた空。



このままここで、何時間も過ごしたい、
とても強く、そう感じました。

そして、こころがふわっと、広がって行ったのです。


「高級リゾートに行かなくても、
森の中のハンモック、そして本が一冊あれば、
それで充分だろ?」と、友人。


本当にそう、
その通りでした。


それは、いつのまにか忘れてしまっていた「スペース」でした。
「間」「余裕」と、表現できるかもしれません。

時間のスペース、
空間のスペース、

そして

心のスペース。


これまで、英国をはじめ多くの豊かなライフスタイルにふれ
ガーデンデザインを通し、ご提案してきたのですが、

久しぶりに触れた、新しい感覚だったのかもしれません。



北欧07.JPG

その後、公園のカフェでランチ。
(飲み物は残念ながらワインではなく、ベリージュースです。)

北欧08.JPG

たくさんの人々が
思い思いに、公園で過ごしています。



北欧で出会った方々のほとんどが、
残業はせず、定時に帰宅するそうです。

その代り、仕事中は徹底的に集中し、
無駄をはぶいて、働くとのことでした。


メリハリ
オンとオフ。


いつも忙しいことに慣れてしまい、
ついつい、忘れていた、とても大切なこと。


帰国したら、自身のライフスタイルも見直すべきところは見直し、
スペースのある暮らしを味わおう!


北欧04.JPG

ホテルの部屋から、夕焼けを見ながら
そう決心すると、

とてもわくわくしました。


何もかも、すぐに実現できなくとも、
目指したいスタイルと出会えたことは、
とても、幸せなこと。

そう感じています。



お読みいただき、有難うございました。



はまもとのりこ

posted by nori hamamoto at 17:37| 紀行、イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

スウェーデンからの視察団のお庭見学をお手伝いしました。


立春を過ぎ、寒さの中にも、春の日差しを感じます。


昨秋11月の事になりますが、
スウェーデンからの庭園・公園等、緑化関係の視察団が来日され、
京都で、お庭の解説や案内を、お手伝いさせていただきました。

東京から新幹線で京都に到着されて、
30名の背が高〜い方々が降りてこられたのは、圧巻でした。

「Welcome to Kyoto!!!」


まず駅ビルの屋上へ。
11月にしては、比較的暖かかったこの日、

第一声が、「ちょうどスウェーデンの夏ぐらいだね。」


!? 
夏行く時も、ダウンコートが要りそう!


sweden2016_01.JPG

平安神宮では、まず手水舎でのお浄めを説明。


社寺を案内する際、国籍を問わず、必ずお願いすることがあります。

これは、恩師から教わったことですが、

「ここは観光施設ではない。神様や仏様が祭られている神聖な場であり、修行の場でもある。
まずはお参りし、お礼を伝えてから見学してほしい」、という事です。


ご案内した一日半の間、様々なお庭を訪れましたが、
皆様が、この言葉にすぐに共感してくださり、お参りもしっかりしてくださいました。


初来日の方も多く、

「北欧と日本のインテリアのデザインが似ている」と、いう声や、
「いつも日本人はにこにこしているけれど、どうやってストレス解消しているの?」と、いう質問等
新鮮な感想に、ナルホド、と私も納得したり、驚いたり、

デザイナー同士では、お庭の施工の話しで盛り上がったり、、、


とても充実した時間でした。



sweden2016_02.JPG

(神苑では、臥龍橋にチャレンジ。)


また、今回は、私の仕事に関し、話しをしてほしいとリクエストいただき、

無鄰菴で母屋の2階をお借りして、プレゼンテーション。


sweden2016_03.jpeg

sweden2016_04.jpeg


「君の、日英双方の影響が見て取れるね!」、とコメントをいただき、

改めて、自分自身のデザインの特徴を、知ることができました。(*^_^*)



「国際文化交流」は、
私にとって、とても大切なライフワークの一つです。


特に、庭を通したこういう機会は得難く、
今回も、何年も前の、偶然の出会いをきっかけとしてお話しをいただき、
巡り巡ってきた御縁に、感謝しています。


毎回思うのですが、、、

実は、お庭の仕事をしているヒトは、万国共通の「かおり」のようなものがあり、
時には、言葉が不要で、瞬間的に分かり合えたりもします。

そんなところも、また素敵だなと思っています。(*^_^*)


sweden2016_05.JPG

(青蓮院のクスノキに大興奮の皆さん)



お読みいただき、有難うございました。


はまもとのりこ


posted by nori hamamoto at 10:37| 紀行、イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする